淋病の予防方法について

現在、淋病にワクチンはありません。自分とパートナーを守るために、最低限以下を心がけましょう。日頃の予防が重要です。

まず、淋菌は性行為によって感染します。

感染者の精液や膣液の中に淋菌が含まれており、これが相手の粘膜部に直接触れることによって淋菌が侵入し、感染します。従って、予防するにはこの体液と粘膜部を直接触れないように遮断することが一番です。

・コンドームを使う

コンドームの使用はほとんど全ての性感染症の感染予防に効果的です。ただし、正しい使い方をしないと効果がありません。

装着方法も当然正しい手順が必要なのですが、使うコンドームそのものの品質も大事です。例えば、サイズが合っているか、使用期間切れになっていかないか、事前に確かめることが大事です。

出来ればラブホテルの備え付けコンドームや、試供品でもらったコンドームなどは避けて、自分で品質を確かめたものを使って下さい。むろん、オーラルセックスのときにも使います。避妊目的だけではなく、感染予防として意識してもらうといいですね。ちなみに、コンドームは挿入直前に装着してもダメです。男性器が勃起状態になったら即、装着します。

・感染が分かったら性行為は控える

コンドームでカバーできない部分に感染している場合、そこに接触して感染してしまう可能性があります。第一の予防法は必ずコンドームを使用することですが、100%予防できるという保証はありません。感染している場合は、治療が完了するまでキスや性行為は控えましょう。

・多数との性行為を避ける

「いつ感染したか分からない…」これが淋病をはじめとするSTDの最も多い問題です。自覚症状が無い場合も多く、お互いに感染していないと確認できた場合以外は、いつでも感染する可能性があるため、なるべくパートナーを限定することが大切です。

・性器や口腔内を清潔に

性器や口の中は様々な病原菌が付着しているため、日頃から口内や身体を清潔にし、特にセックスの前後には汚れを洗い流しましょう。

また日頃から、自分とパートナーに性器の不快感や異常がないかを確認することも大切です。

・パートナーも必ず検査を

パートナーのどちらかが発症したことに気づいた場合、自分だけ治療しても、相手も感染している場合が多いため、またキスやセックスをすれば再感染を繰り返します。感染が分かったら相手に症状が出ていなくても、パートナーにも検査することをすすめ、重症化する前に治療を開始することが大切です。

・性行為以外の感染ルート

淋菌については性行為以外でも感染の可能性があるとする専門書を読みました。例えばトイレの便座、タオル、お風呂の床などからの感染です。極めてまれなケースとの注釈はありましたが、こうした性行為以外の感染ルートもあるそうです。

実際問題、どこまで注意するかは非常に難しいところです。あまり気にし過ぎると銭湯に行けなくなるし、公衆トイレも使えなくなります。常識的な範囲で清潔に注意する、ということでしょうか。

淋病の原因は何ですか?

淋病とは、淋菌という細菌が性器や咽頭などの粘膜に感染することで起こる性病です。本文は淋病の原因についてご紹介します。

淋菌は乾燥や日光などに弱く空気に触れるとすぐに死んでしまうほど弱い菌なので、主に性行為で陰部や喉の粘膜が直接触れ合うことで感染します。

人の粘膜から離れても数時間は感染力を保っていることがあるので、まれにタオルの使い回しなどで感染することもあります。日光や乾燥等によっても簡単に死滅するほどの弱い菌なのです。

また、粘膜感染のため、性器を中心として症状があらわれるというのがメインですが、オーラルセックスなどによって咽頭へ感染する可能性もあるという淋病の原因なります。

淋病の原因として男性は感染から発症までの期間が短く発見しやすいこと、また若者がセックスで一番気にしている事は性病ではなく妊娠であり、低用量ピルの発売やセックスの多様化(素マタ、フェラチオ、アナルセックスなど)などでコンドームを使用しない事が原因として考えられているのです。またクラミジア感染症など、他の性病との重複感染も問題となっています。

性行為以外での感染の可能性としては女性の場合はトイレの便器や公衆浴場での椅子に直前に座っていた女性が感染していてその分泌物が着いていた場合などが考えれます。また、医原性感染として一部の産婦人科医で内診時に素手で行うため患者から患者への感染も稀に認めます。

最後に検査での確定診断は100%ではなく偽陰性や疑陽性もありますので適切な検査方法がとられているかも問題です。

 

淋病の検査にはどんなことがありますか?

淋病の検査には、大事なことです。本ブログは淋病の検査について、ご紹介します。

淋菌の存在のみを証明するなら、現在、最も高感度の淋病の検査法といえるのが、PCR法、SDA法に代表される遺伝子核酸増幅法です。これは、検体中に含まれるDNAを増幅させてから、その増えたDNAが淋菌のものであるか、確認する方法で、検体の中に存在する淋菌の数がごく微量でも、それを検出することができます。

淋病の検査内容に関しては、主に男性に対しては初尿検査、女性に対しては子宮頚管の検査を行います。男性の場合、初尿の顕微鏡検査ですぐに診断がつきますが、女性の場合は子宮頚管の検査だけでは確定診断できないことも多く、男性と同じように尿検査を受けることが一般的になってきています。

顕微鏡検査以外では、培養して調べる方法や、遺伝子検査もありますが、病院によって取られる方法が異なります。ちなみに、淋菌の培養には時間がかかり、遺伝子検査ができる機関も限られていて郵送する必要もあるため、結果がわかるのは検査から1週間ほど後だと考えておきましょう。

また、淋菌以外の病原微生物の存在も考えられる場合には、淋菌培養と一般細菌の培養を同時に行うことがあります。

そのほか、自宅でもできる検査キットも市販されています。少しでも淋病の可能性があると感じたときは、恥ずかしがらずに婦人科や性病科を受診するか、病院にいきたくない場合は検査キットを購入して早めに検査をしましょう。ただし、淋病は性行為をしてもすぐに検査できないため、性行為から3日ほどあけてから検査をしてもらう必要があります。

 

淋病の治療について

淋病の治療は、一番重要なことです。

淋病の治療では、淋菌をやっつける抗生物質を内服したり、注射薬を投与したりすることで対処していきます。治療の期間目安としては数日~2週間程度となっています。

ペニシリン系の抗生剤なら、服用期間は7日~10日間になりますし、スペクチノマイシン系やセフェム系の抗生剤なら点滴で投与していきます。アジスロマイシンという抗生剤は、様子を見ながら内服していきます。

ただ、淋病の原因となっている淋菌は耐性を持つことができるため、耐性菌の増加により薬の効果が十分に得られないこともあります。

淋病の治療法は、主に抗生剤の投与が中心になります。ほとんどの場合は、淋菌とクラミジアの両方に効く抗生剤を使って治療していきます。この治療法を続けて、数週間~1ヶ月後に症状がなくなった段階で検査を行い、淋菌が消失していれば治療が終わります。

普段、医療機関で処方される抗生剤の中で、特に多いものの1つにニューキノロン系の抗生剤がありますが、現在の淋菌はほぼ100%これに耐性を獲得しています。ガイドラインによる治療指針をあげてみます。

そのため、1ヶ月近く治療を続けて症状が出なくなっていたとしても、まだ淋菌が残っていることがあるので油断は禁物です。基本的に、淋病の治療が出なくなったとしても、副作用が辛くない限り医師から処方された抗生物質は全て服用するようにしてください。

 

淋病の感染経路と淋病の症状について

淋病とは、淋菌の感染による性病です。性器粘膜に炎症が起きて、尿道から膿が出てきます。排尿の時に疼痛感・灼熱感があります。潜伏期は1〜7日です。本ブログは淋病の感染経路と淋病の症状についてご紹介します。

淋病の感染経路は主に性行為、または、それに類似した行為といわれています。性行為の変化が見られる昨今に於いては、オーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)でも、感染するといわれています。まれですが、性行為以外の感染経路(共有したタオルなどからの間接感染)もあるといわれています。

分娩時にお母さんが淋菌に感染していると赤ちゃんが産道を通過するときに母子感染を起こし、淋菌性結膜炎を起こしていまいます。この場合2~3日で症状が現れることが多く、放置してしまうと結膜炎や角膜潰瘍など引き起こしてしまうことがあります。これ母子感染も淋病の感染経路の一つです。

淋病の症状には、性別によって、違います。

男性の淋病の症状では、尿道口から膿性の分泌物が絶えず出てくるようになり、尿道口も赤く腫れてきます。さらに、排尿のときに尿道に沿って激しい痛みを感じるようになります。

女性の場合は特徴的な淋病の症状症状ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断されることがあります。放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に発展する場合もあります。 咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、これらの部位も感染源となります。

 

性病の分類と原因・淋病に対して治療薬紹介!

性病
性病(せいびょう)とは、性行為感染症 (STD) のうちで特に古典的な4つの疾患を指す。この四は梅毒、淋病、軟性下疳そして鼠径リンパ肉芽腫であります。
古くは花柳病(かりゅうびょう)とも言われた。(多く花柳界で感染することに由来する。)
STDのなかでこれら(狭義の)性病が占める割合は低下してきており、トリコモナス、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスなどの感染症が重要性を増している。
性病の主な種類と症状
梅毒
梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。 第一感染経路は性行為であるが、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。

梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代のペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつあります。

梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。

第1期
感染後3週間 – 3か月の状態。トレポネーマが侵入した部位(陰部、口唇部、口腔内)に塊(無痛性の硬結で膿を出すようになり、これを硬性下疳と言う)を生じる。塊はすぐ消えるが、稀に潰瘍となる。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れ、これを横痃(おうげん)という。6週間を超えるとワッセルマン反応等の梅毒検査で陽性反応が出るようになる。

第2期
感染後3か月 – 3年の状態。全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。

第3期
感染後3 – 10年の状態。皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生する。(医療の発達した現代では、このような症例をみることは稀である)

第4期
感染後10年以降の状態。多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし(脳(脊髄)梅毒、脳梅)、死亡する。現在は稀である。

潜伏期
前期潜伏期:第2期の症状が消えるとともに始まる。潜伏期が始まってからの2年から3年間は、第2期の症状を再発する場合がある。
後期潜伏期:不顕性感染の期間で数年から数十年経過する場合もあるが、この期間は感染力を持たない。

淋病
淋病とは、淋菌への感染により起こる感染症である。STD、性病に認定されている。感染率は約30%である。1984年をピークに減少したが、1990年代半ばから増加しつつある。性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20 – 30%)している場合も多い。

症状
感染後数時間から数日で発症する。咽頭の場合は咽頭炎、性器の場合は、淋菌性尿道炎(男性のみ)、子宮頚管炎(女性のみ)を起こす。感染部位は、咽頭・性器などの粘膜のほか、尿道、子宮頸部、直腸などの内膜や、眼の結膜を侵す。 咽頭の感染では、あまり症状は見られない。

女性の場合は数週間から数カ月も自覚症状がないことが多い。症状があっても特徴的な症状ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断されることがある。 放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に発展する場合もある。 咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、これらの部位も感染源となる。

淋菌感染症は何度も再感染することがある

軟性下疳
軟性下疳(なんせいげかん)とは、軟性下疳菌(Haemophilus ducreyi)を原因菌とする性行為感染症、旧性病予防法に定める性病である。日本では症例は少なく、アフリカや東南アジアに多い。
接触感染後1~7日の潜伏期を経て、生殖器に発赤、膿胞から潰瘍(下疳)を生じ、痛みや出血を伴う。そののち鼠径リンパ節が痛みを伴って腫脹(黄根)化膿し、自潰(じかい)するようになる。
鼠径リンパ肉芽腫
鼠径リンパ肉芽腫(そけいりんぱにくげしゅ、Lymphogranuloma urethritis)とは、クラミジア・トラコマチスによって発生する感染症、性病。梅毒・淋病・軟性下疳に続く性病という意味から第四性病(だいよんせいびょう)とも呼ばれる。

症状
外陰部の丘疹が糜爛・潰瘍化する。糜爛発生後1~2週間ほど経過すると、発熱、頭痛、発疹等が認められるようになる。その他、鼠径リンパ節に有痛性の腫脹を認める。

ここには淋病に対して治療薬を少し紹介しています!

→治療薬を購入したいなら、レビトラ正規品個人輸入サイトをすすめます!

アジー(ジスロマック)
アジー(ジスロマック)とは、シプラ社が開発したクラミジア・淋病などの性感染症を治療するお薬です。

アジー(ジスロマック)は淋病、梅毒、性器クラミジア感染症など様々な感染症やそれに伴う炎症の治療に用いられます。 そして、即効性が高く、従来の治療薬と比べ短期間で完治する特徴があります。

成分:アジスロマイシン
アジスロマイシンは長時間体内に留まる特徴がある。これは15員環に窒素原子が入っているという構造に由来し、血中濃度より10~100倍の組織、細胞内濃度を得ることができるため半減期が68.1時間(500 mg投与時)ときわめて長い。また、クラリスロマイシンなどでみられる薬物相互作用はほとんど無い。

アジー(ジスロマック)の服用方法
食後2時間以上もしくは空腹時に服用します。

副作用について
主な症状は、胃痛・下痢・嘔吐等です。ごく稀に、頭痛・めまい・かゆみ・関節痛の症状が報告されています。

もし、アジー(ジスロマック)という淋病治療薬に気になって、購入したければ是非ウェブで正規品購入サイトを利用してください!