性病どんな症状がでるの?

性病どんな症状がでるの?

病名をクリックすると性病の詳しい説明がご覧になれます。HIV感染症/エイズは発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛等インフルエンザのような症状の後です。

クラミジア感染症は下腹部に痛みや違和感、排尿痛や膿などがあります。淋菌感染症はかゆみや尿道に痛み、おりものや膿がでるなどがあります。梅毒は感染後は約3週間で、性器・肛門・口など感染した部分に、痛みの無い赤いシコリがあります。

性器カンジダ症はかゆみとおりもの、性交渉時の痛みなどがあります。膣トリコモナス症は褐色でアワ状の悪臭を伴うおりものが増加したり、尿道から膿があります。

性器ヘルペスは排尿困難、歩行困難、発熱、頭痛、倦怠感や水疱性または潰瘍性病変が多発します。尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウィルス)はHPV(ヒトパピローマウイルス)ウイルスに感染し、イボとなる疾患です。

ケジラミ症は感染部の激しいかゆみがあります。疥癬は激しいかゆみのある赤い発疹やしこりができ、感染率が大変高いです。

細菌性膣炎はおりものの量が増え、悪臭の強いおりもののが特徴です。亀頭包皮炎は包茎の男性に多く発生。亀頭や包皮が赤く腫れ、痛みを感じる病気です。

外陰炎は大陰唇とその周囲に起こる炎症で主な症状はかゆみがあります。軟性下疳は性器に豆粒程のコブができ、つぶれると強く痛むことがあります。

A型肝炎は発熱や倦怠感、、食欲不振、嘔気、嘔吐などがあります。B型肝炎は黄疸(白目の部分も黄色くなる)、全身の倦怠感、食欲不振などがあります。

C型肝炎はB型に良く似ているが、急性肝炎になっても症状が比較的軽いです。赤痢アメーバ症は下痢、粘血便(見た目がイチゴゼリーのような便)、排便時の下腹部痛があります。

以上はいろんな性病についての症状を紹介しました。もし、興味がある方、是非ご覧ください。