淋病の予防方法について

現在、淋病にワクチンはありません。自分とパートナーを守るために、最低限以下を心がけましょう。日頃の予防が重要です。

まず、淋菌は性行為によって感染します。

感染者の精液や膣液の中に淋菌が含まれており、これが相手の粘膜部に直接触れることによって淋菌が侵入し、感染します。従って、予防するにはこの体液と粘膜部を直接触れないように遮断することが一番です。

・コンドームを使う

コンドームの使用はほとんど全ての性感染症の感染予防に効果的です。ただし、正しい使い方をしないと効果がありません。

装着方法も当然正しい手順が必要なのですが、使うコンドームそのものの品質も大事です。例えば、サイズが合っているか、使用期間切れになっていかないか、事前に確かめることが大事です。

出来ればラブホテルの備え付けコンドームや、試供品でもらったコンドームなどは避けて、自分で品質を確かめたものを使って下さい。むろん、オーラルセックスのときにも使います。避妊目的だけではなく、感染予防として意識してもらうといいですね。ちなみに、コンドームは挿入直前に装着してもダメです。男性器が勃起状態になったら即、装着します。

・感染が分かったら性行為は控える

コンドームでカバーできない部分に感染している場合、そこに接触して感染してしまう可能性があります。第一の予防法は必ずコンドームを使用することですが、100%予防できるという保証はありません。感染している場合は、治療が完了するまでキスや性行為は控えましょう。

・多数との性行為を避ける

「いつ感染したか分からない…」これが淋病をはじめとするSTDの最も多い問題です。自覚症状が無い場合も多く、お互いに感染していないと確認できた場合以外は、いつでも感染する可能性があるため、なるべくパートナーを限定することが大切です。

・性器や口腔内を清潔に

性器や口の中は様々な病原菌が付着しているため、日頃から口内や身体を清潔にし、特にセックスの前後には汚れを洗い流しましょう。

また日頃から、自分とパートナーに性器の不快感や異常がないかを確認することも大切です。

・パートナーも必ず検査を

パートナーのどちらかが発症したことに気づいた場合、自分だけ治療しても、相手も感染している場合が多いため、またキスやセックスをすれば再感染を繰り返します。感染が分かったら相手に症状が出ていなくても、パートナーにも検査することをすすめ、重症化する前に治療を開始することが大切です。

・性行為以外の感染ルート

淋菌については性行為以外でも感染の可能性があるとする専門書を読みました。例えばトイレの便座、タオル、お風呂の床などからの感染です。極めてまれなケースとの注釈はありましたが、こうした性行為以外の感染ルートもあるそうです。

実際問題、どこまで注意するかは非常に難しいところです。あまり気にし過ぎると銭湯に行けなくなるし、公衆トイレも使えなくなります。常識的な範囲で清潔に注意する、ということでしょうか。