淋病の感染経路と淋病の症状について

淋病とは、淋菌の感染による性病です。性器粘膜に炎症が起きて、尿道から膿が出てきます。排尿の時に疼痛感・灼熱感があります。潜伏期は1〜7日です。本ブログは淋病の感染経路と淋病の症状についてご紹介します。

淋病の感染経路は主に性行為、または、それに類似した行為といわれています。性行為の変化が見られる昨今に於いては、オーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)でも、感染するといわれています。まれですが、性行為以外の感染経路(共有したタオルなどからの間接感染)もあるといわれています。

分娩時にお母さんが淋菌に感染していると赤ちゃんが産道を通過するときに母子感染を起こし、淋菌性結膜炎を起こしていまいます。この場合2~3日で症状が現れることが多く、放置してしまうと結膜炎や角膜潰瘍など引き起こしてしまうことがあります。これ母子感染も淋病の感染経路の一つです。

淋病の症状には、性別によって、違います。

男性の淋病の症状では、尿道口から膿性の分泌物が絶えず出てくるようになり、尿道口も赤く腫れてきます。さらに、排尿のときに尿道に沿って激しい痛みを感じるようになります。

女性の場合は特徴的な淋病の症状症状ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断されることがあります。放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に発展する場合もあります。 咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、これらの部位も感染源となります。